コーポレートガバナンス

創業者のうち、2名が議決権の50%ずつを保有しております。ベンチャー期、損失がでている期間は、素早い対応が求められるため、2名で最終決定を素早くできる対応を続けていきます。

少数株主の保護の観点から、インベスターリレーションの権威でいらっしゃる、フィナンテック社の甲斐社長に、設立当初から役員になっていただき、コーポレートガバナンスのアドバイスをいただいております。